初めてのスタートは上海から...

 

f:id:Yasu-Oni:20170728162546j:plain

続き...

前回までは、モンゴル ウランバートルでの話しの途中...  

 

そこまで辿り着く、いや、慣れて仕事ができる過程で必ず、初めての国での体験があってこそ、2回目の国でパフォーマンスが発揮できると思う。それが上海だった。

福岡で、中国関連の方々との呑み会があり、私がそこに参加した。         

(実は、余り参加しないのだが....ホントたまたまの参加で出逢いがあったのだ !!! )            

そのメンバーの中に、上海の5星ホテルの中で、サロン経営をされているSさんと出逢い、

 

『ちょっと来ません?』

 

のお誘いから、キャリアをスタートさせる事ができた。

今回は初めての国、上海について回想したいと思う...

 

f:id:Yasu-Oni:20170728162333j:plain.

二つ返事で、『行きます..!! 』ってモチロン言う訳で。

直ぐに航空券とホテルのサイトに釘付け。 

へぇ...福岡〜上海って1時間30で行けるだねぇ...。と初めて知り得る情報だった。

それだけアジアに興味がなかったのだ と思う。

当時は(今もだが)中国とは尖閣問題でギクシャクしているし、反日活動が盛んに行われているニュースが毎日の様にTV から流れている。   

何かあったらどうする...? 騙されていないのか?身柄を拘束され、北朝鮮に連れて行かれないのか?とか心配した。

その心配事をSさんに聞いてみた。

 

全然大丈夫です(爆笑)上海なんで何も問題ないですよ。』

 

目がキョトン...安堵した。。

 

(続く...)

 

 

 

                          

モンゴルに行ってみた。⑤

続き...

守秘義務なので多くは語れないが...ここはウランバートル市内でも最も高級な場所。唯一、モンゴルの中で、某一流ブランドショップが入っているビル。通訳の方に尋ねたら、東京で例えたら...六本木ヒルズみたいな高級な場所デス...と言われた。。(ほぉぉぉ...)

f:id:Yasu-Oni:20161214131143j:plain

オペラ座があり、国会議事堂があり、国家の政治と文化の中枢が集中している場所みたいだ。こんな所で仕事ができるなんて、最高に幸せだと思う。本当に感謝です。

また、仕事のハードルが上がったな...(笑)                                                                                                                                        

 

f:id:Yasu-Oni:20161214131028j:plain

 

アッパー層が集うビル。そこにあるサロン....必然的に挑戦され、結果を求められる。それもゲストが体験した事がない感覚のヘアースタイルを創るのをね...日本人とゆうだけで高結果を求められのが常だ。じゃぁ〜魅せましょうかね...日本人のプライドを....。。 

いつも海外に出て仕事をすると、なんだろ...?ナショナリズムが沸き起こる。日本だけでサロンワークしてたら、こんな気持ちはなかっただろうな...。(イイコトイイコト)

最初のゲストを対応....初のモンゴル人。んん...日本人の容姿だな...。ほほ骨も高い。通訳を交えて、じっくりとカウンセリング。

『私は、〇〇ヘアーサロンの〇〇さんから、カットしてもらってるだけど』

『はぁ〜?? 知るかぁ!! そんなヤツ。』(俺の心の声が叫ぶ..怒)

最初っからこんな感じで、高い位置から見下されてんなぁ〜と怒り心頭。(笑)

仕方ないよね...日本人と言うのは解るけど、どんな技術を持ってるか解らないし、俗に言う、海のモンか山のモンかわからんと言う事。。簡単に言えば、前担当者より、スタイリッシュにして、ゲストが気に入ればいい話し。と冷静になる...

 

続く...

 

 

 

 

 

 

モンゴルに行ってみた。④


続き…

空港に着いて、夕食をご馳走になり宿泊地まで送って頂き、眠りに着いた。
やっぱり疲れてるんだろう、アラームがなるまで覚えてない…寝落ちしたな。。
部屋の中は寒くなく、逆に暑いくらいだ。
窓際まで行きカーテンを開ける。

   f:id:Yasu-Oni:20161126084455j:image

この光景!!

寒そうだけど素晴らしい蒼空。
初めて見たモンゴルの朝だ。幸先良い感じ。

さぁ!今日からビジネスのスタートと自然に気合いが入り、準備に取り掛かる。

コーヒー片手に暫し考え事…。。
クライアントに泥を塗らない様に
しっかり仕事をする事!
これは鉄則!!

スタイルは自分流ですすめて行くが、
モンゴル人が好きなスタイルに改善するかもしれないなぁと一応シュミレーション。
しかし、出たとこ勝負!!!
なんとかしなければならないし、
まぁ、なんとかなる度量と技術はある。

で、迎えの車到着。

f:id:Yasu-Oni:20161126084604j:image

どの国も同じ、朝から大渋滞である。。
時間が勿体無いので、通勤途中の人達の顔形を研究しながら外を見る。
色々と発見するものだ!
ほとんどの人が朝青龍顔をしている (笑)
そこがまたヘアスタイル創りのカギだと思う。
いつも自分は
PDCA
なので適応させるだけ。

で、サロンに到着!凄くホスピタリティーが高いサロン!わくわくする!

 

続く…

モンゴルに行ってみた。③

続き…

そう現地気温が-20℃…寒さの度合いがよくわからない。。

f:id:Yasu-Oni:20161121211315j:image

f:id:Yasu-Oni:20161121211341j:image

じっくりと地図を見ると北海道より上の位置にある…!寒いよねぇ…と一人で納得。
寒いよねぇ…と言ってみても、寒さがよくわからないのが実情。
福岡在住なんで温かい。北海道にも行った事もないけど大丈夫なのか…?? とこちらの方が心配になった。

そんな事を考えていると、着陸体勢の指示。
そしてチンギスハーン国際空港に着陸…。

 

f:id:Yasu-Oni:20161121211438j:image

機内からボーディングブリッヂに移る時に冷気を感じる…寒い!! 大丈夫か?乗客の列は進み、イミグレーションを通過。なんと依頼主のCEO自ら迎えに来て頂いてた。自然に微笑みが出てお互い握手。少し安堵感を覚える。。

CEOには感謝申し上げます。

 

f:id:Yasu-Oni:20161121071500j:plain

空港の外はこんな感じ、福岡では、今日暑いねぇ〜と言っていたが、12時間後にはこんな状況…世界は狭い…とか、飛行機はやっぱ凄いなぁ…とか。。

今、見てる光景と朝起きた福岡の光景が違い過ぎて、的をえない発言をしてしまう。それだけ整理できない光景だ。

 

f:id:Yasu-Oni:20161121071659j:plain

 

CEOに促され、車に乗り込む。機内、ターミナルビル、車内は自分にとって暑過ぎる程の暖房だったので、この冷気は意外に心地よい。車はウランバートルに向かって走り出した…

 

続く…

 

 

モンゴルに行ってみた。②

 

f:id:Yasu-Oni:20161118164631j:plain

 
成田〜ウランバートル、チンギスハーン国際空港まで、
約5時間から5時間30。
飛行機の中は快適! この時間に何をするかによって現地での活動に影響する…。
って言いたいけど、別に何も考えてない。
現地では出たとこ勝負!
これくらいの応用力がないと海外では無理。  これがわかったのは上海で活動したから。
 

f:id:Yasu-Oni:20161118164607j:plain

IMG_7464.JPGIMG_7470.JPG
機内誌を見ながらモンゴル人について考える。
初めて出逢う民族である。
頬骨が高いなぁ〜と感じる。
機内に居る周りの乗客を見回す。
やっぱりそんな感じ。
ココがヘアスタイルのキーポイントだろなと確信。

f:id:Yasu-Oni:20161118165206j:plain

そんな中、北京上空…明るくて広い。感動 !!やはり中国はデカイなぁと夜景の美しさに圧倒的な感動を覚える。
そのうち夜景が無くなり、段々と暗くなる。
もうすぐチンギスハーン国際空港に到着する時刻だろう…現地の気温は-20℃との事…😨😨😨
 
(続く…)

モンゴルに行ってみた。①

f:id:Yasu-Oni:20161118140937j:plain

f:id:Yasu-Oni:20161117023354j:plain

f:id:Yasu-Oni:20161118141640j:plain

前回の続き…。
 
前回の話しは昨年末の話し。で、現在…。先週からモンゴル、ウランバートルに行って来ました。 本当は前回の続きがあるのだけど…モンゴルから依頼された経緯を先に話したい。
 
美容ディーラから電話があり、
「モンゴルに行ってくれる美容師さんを探してて、いつも上海に行かれているので、どうかな?と思いまして」と。。
 
??モンゴル…良くわかんねぇなぁ? 
「ひとまず話し聞いてみます!」とオレ。
 
そうなんです。前回の続きなんですが、上海に進出していたんですよ。上海の件は、次回にゆっくり書いて行こうと思う。
 
ウランバートル在住の依頼主は、モンゴルでも最高のアッパー層で、かなりの実力者と聞く。日本流のサービスと美容技術を教えて欲しいと依頼された。俺が提出したプロフィールと作品画像を見て大変気に入ってくれたらしい。これも御縁!行くしかないだろ?
 
で…未知の国、モンゴルに行ってみた。
 
(続く…)

 

福岡 ⇆ 海外 = カッケ〜 ①

福岡 ⇆ 海外 = カッケ〜

それをやりたくてフリーランスの美容師になった...。
それも突然に...

f:id:Yasu-Oni:20161117022630j:plain

 

軽く考えていた...もちろん慎重に考えもした...考えても仕方ない部分もあった...

行動に移した...楽しいコト/??な部分もあった...今、こうやってブログを書いている...

じゃぁ! いいんじゃん♪...それでいい。。

 

昔から自由人な所もあったし、海外に憧れもあった、この歳で将来が見えない葛藤もあった。そんな中、Web上で "Seiji Uehara"の作品に出逢い驚愕する。       

『この感性は違いすぎる...』面識がないのに、Web上でやり取りしてコンタクトを取り続けた。そして昨年の6月に、ナント! 福岡に来てもらった...Seijiさんに本当に感謝です。NYの話し、撮影の話し、色々と興味深い話しを聞いた。『で、NYに来るんでしょう...?』

もう一撃ではないか。。ヨーロッパには余り興味が湧かなく...やっぱり好きなのはアメリカだなと思っていたので、直ぐにでも行かなければ...!! の思考だった。

 

が.... 父が他界。

 

晩年は、だいぶ苦しんだ...。寡黙な人だったが学ぶ所も多かった。通夜、葬儀、出棺、初七日...めまぐるしく環境が変わった。NYどころでは無くなった。が諦める思考はなかった...。でも「何で行こうと思うとこうなる?」と嘆く日々は続いた...


続く....